NICOF ニコフ

【品種名】​ニコフ

【生産地】​マナビ県 海岸地方 エクアドル北西部

カカオ豆の形質

有機認証は未取得ですが、オーガニックカカオ豆。
 

豆の外皮には殆ど粉が付着しておらず、一般的な形質と言えます。外に放つ香りは、この豆の状態では薄いのですが、口に含んだとたんに強い果実様の香りを放ちます。

 

この品種の商業ベースでは今回、日本初上陸となる、トリニタリオ種の系統を持つ選抜改良品種です。カカオポッドの外殻の色は、特徴的な黄色がかった鮮やかな赤色をしております。

 

自然豊かでのどかな景色の広がる海岸地方の土地で、有機農法で育まれたフレーバーカカオ。

​官能チャート&フレーバー

フランボアやレッドベリーなど、鮮やかなレッドフルーツを思わせる果実香に、ジャスミン白い花の系統の花様香が香るのが特徴です。優しい系のトロピカルフルーツ系の酸味が、後を引きます。紅茶などの芳香の強めのものとも、相性が良さそうです。

発酵の流れ

クリオロ種の系統の改良品種のため、果肉の部分が薄め。

約24時間、麻袋等入れ、重力による自然放置で水気を切ります。その後、木箱にカカオ豆を移し、40℃を越えない様に切り返しするなどし、2日間発酵させます。(エクアドルには雨季と乾季があり、季節や気候により発酵日数が変わります)箱から取り出した後は、天日干しでしっかり乾燥させ、輸出の規定値まで水分値を下げて行きます。

これら全てのプロセスは専門家がついているカカオ集荷場にて管理され、弊社の品質に適ったものを皆様にお届けしております。

© Takahashi trading and investigations

Noel Verdeからのおくりもの(メールマガジン)

​エクアドルやカカオ、チョコレートなどの情報をお伝えしております。登録はいつでも解除できますので、お気軽にご登録くださいませ。